WAI-ARIAに基づいたホームページ制作

アクセシビリティを考慮したWEBサイト制作

Home FEATURES WAI-ARIAに基づいたホームページ制作

WAI-ARIAでよりリッチで
アクセシブルなWEBサイトに

WAI-ARIAは、リッチなWebアプリケーションのアクセシビリティに関する仕様書の事であり、現在、W3Cによって策定されています。

多くの企業や開発者が開発を行っているWebアプリケーションは、汎用的なフレームワークを使っていても独自の基準で開発されている事が多々あります。その為、キーボードなどでWebコンテンツを操作する際に、キーボードで操作が出来る物と出来ない物が存在しますので、WAI-ARIAに基づいてコンテンツを制作していく事によって、ユーザーの使い勝手が良いWebサイトを公開出来るようにしていきます。アクセシビリティの高さは、コンテンツの質の向上と同時に操作のしやすさや見やすさが重要になってきます。

WAI-ARIAは、ホームページのアクセシビリティ向上だけでなく、導入することによりユーザー体験いわゆるUXを高め根拠在る安定的なものにすることが可能になります。

ホームページ制作では、HTMLやCSSといったWeb標準技術で制作を進めていくだけでなく、サーバプログラムやJavaScript、CMSなどをいろいろな技術を採り入れる機会が多くなっていますが、WAI-ARIAに基づいてホームページ制作を行う事は、アクセスしてきた人々が再度訪れてくれるような仕掛けを提供する為にも重要です。

ホームページを閲覧したり、フォームに入力したりする装置としては、キーボードやマウスの他に、タッチデバイス、音声読み上げに対応しているVoice Overなど幅広く浸透していますので、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットでの操作がしやすい入力環境を提供する工夫が必要ですので、WAI-ARIAに準拠したフレームワークやライブラリを導入した方が良いでしょう。

RiARiSEでは、デザイン性や機能性を落とすことなくインタラクティブでアクセシブルなホームページ制作が可能です。